太平洋に浮かぶリング島:マタイヴァ環礁

●太平洋に浮かぶリング島:マタイヴァ環礁

トゥアモトゥ諸島の最も北西にあるフランス領の環礁

 

東西10㎞×南北5㎞、島民の数は270人

リングの中にはラグーンが広がる

外海と内海をつなぐ9つの水路があり、現地の人は9つの目と呼ぶ

これがマタイヴァの名前の由来(目=マ、9つ=タイヴァ)

 

マタイヴァ

Google map

 

珊瑚で形成されたサークル状の島

マタイヴァは数万年前、火山のある島だった

その山の周りには珊瑚が成長

プレートの変動により火山が徐々に沈んでいったため、

周りの珊瑚だけが残り、リングの島となった

ポリネシアには珊瑚の島が76個ある

環礁の形は元々あった火山の形に影響を受けるの

マタイヴァでは家畜を飼っていない

 

産業は漁とヤシの実の胚乳を乾燥させたコプラ

コプラ1㎏で約140円の収入となる

コプラはマーガリン、石鹸、ろうそくなどに加工される

 

ラグーンの色の違いは深さの違いによるもの

濃い青色の部分は深さ10mほどで、白は人が立てる深さ

(1889)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク